May 30, 2016 | ARCHIVE
【終了】毒山凡太朗「経済産業省第四分館」
Pocket

 

毒山凡太朗「経済産業省第四分館」

2011年。霞ヶ関、経済産業省の前には、反原発を掲げるための2つのテントが建ちました。
「仮設」と「理想」を孕むその場所には、あれから5年が過ぎた現在もなお、占拠を続ける人々がいます。
この度、経済産業省前テント内の反原発美術館にて、アーティスト・毒山凡太朗による展覧会「経済産業省第四分館」を開催します。皆様のご来場、心よりお待ちしております。

会場はtochkaではありません。

毒山凡太朗「経済産業省第四分館」
会期:2016年 6月9日(木曜)- 6月13日(月曜)*強制撤去されなければ
時間:平日(木曜・金曜・月曜)17:00 – 21:00、土曜・日曜 15:00 – 21:00 入場無料
会場:経済産業省前 テントひろば
住所:東京都千代田区霞ヶ関 1-3-1 東京メトロ「霞が関」駅 A11a 出口よりすぐ
*「経産省前テントひろば」への詳しいアクセスはこちらをご覧下さい。
問い合わせ:tochka1010123@gmail.com(居原田)
協力: 居原田はるか
毒山凡太朗ウェブサイトはこちら

毒山凡太朗 DOKUYAMA Bontaro
1984年福島県生まれ。アーティスト。
人知を超えた自然に感銘を受けながら、18歳までを福島県で過ごす。自分自身の経験や体験をもとに、写真やビデオ、様々なメディアを用いた作品を発表。主な作品に、震災後、風俗バブル湧くいわき市で風俗嬢“リカちゃん”を買うことを試みたが失敗し、福島県小野新町の人形工場で製造される“リカちゃん”に癒しをもらう映像作品「LInCCAi-chan」(2014)、大量に座礁したイルカから生じる未来の震災への予感と、広大な海に流れる時間に「この国」を映し出した映像作品「1/150」 (2015)など。

本展に関するお問い合わせは下記、
tochka1010123@gmail.com(居原田)
までご連絡下さい。

Share with: