March 27, 2016 | ARCHIVE
【終了】模合 MOAI vol. 1 : 100年後の芸術 | ART, 100 years later

100years-yoko

「模合MOAI」は、今日の芸術や文化に焦点を当て、考え、議論し、お酒を飲む会合です。
2016年、社会における芸術の意義が問われるこの時代。コレクティビズムやアクティビズムの流れをくむ今日の芸術は、100年先の未来へどのように向かうのでしょうか。あるいは、どうあるべきなのでしょうか。
今回は居原田はるか(tochka)と小鷹拓郎(アーティスト)の共同企画とし、Atikom Mukdaprakorn (アーティスト、タイ)、Jason Waite( 「Don’t Follow the Wind」展キュレーター、イギリス)、国立奥多摩美術館 (アーティスト、東京)の3組のスピーカーを招いて、自身の活動を紹介しながら「100年後の芸術」について考えます。お気軽にご参加ください。

最近の日本、本当にやばくないですか?
原発問題も戦争法案も表現規制も、一番いっちゃいけない方向へ向かってる。数年前までは海外の友人たちから聞かされるトンデモ話に驚いていたけど、最近は「おいおい日本のがやばくねーか?」ってなる始末。俺たちはこんなことやってる場合じゃない。どーしょもなくてくだらなくて笑える作品ばかり作っていたいのにこんな状況じゃ笑えない。

「100年後の芸術」では、福島原発立入区域内で開催された美術展「Don’t Follow the window」のイギリス人キュレーターJason Waite氏、ジャンルを越えたネットワークを次々と構築していくタイ人アーティスト Atikom Mukdaprakorn氏、山奥の旧製材所を勝手に「国立」と名乗って2年に一度のペースで動き出す奥多摩のアーティスト集団「国立奥多摩美術館」から館長の佐塚真啓氏、キュレーターの蜷川千春氏、アーティストの永畑智大氏、そして僕が登壇します。

ロンドン、チェンマイ、奥多摩で、反抗とアートを実践している三組が見据える100年後のアート、100年後の世界とは?

今年はじめに自主企画した「特別ゲスト五組によるサバイバル人生講座」、AITの堀内菜穂子さんが企画してくれた「Thai Art Night:網目をくぐれ!タイの最新アート事情」に続く、生き抜くためのサバイバルトークシリーズ第三弾。
いま立ち上がらねーと、未来なんてやってこない。

小鷹拓郎(アーティスト)

言語:日本語 / 英語

日時: 3月27日(日)19:00 – 21:00
場所:スペース「特火点 – tochka」足立区千住関屋町12-3
参加費: 500円
Face Book イベントページ

Atikom Mukdaprakorn (Artist, Thailand)
1981年タイ・バンコク生まれ、チェンマイ在住。アーティストとデザイナーによるグループ「mute mute」の共同設立者。mute muteは、アートや文化に限らず、多様な社会活動において、人々の認識領域を押し広げる相互議論の場を模索している。ムクダプラコーンは、特にタイにおける写真や表現の自由、アートの現状など、同国のメディア/アート文化に関心を持ち、社会状況が常にそうしたメディア/アートによって投影されることに着目している。現在は、チェンマイで2013年に発足されたプロジェクト「チェンマイ・アート・カンヴァセーション」の活動に関わる。このプロジェクトの目的は、あらゆるマネージメントとメディアに関する知識を学ぶため、多様な議論やタイの社会、アートを結びつけることを試みている。
近年の主な活動に、メディア・アートプロジェクト「Art Jockey」(バンコク芸術文化センター、バンコク、2015)、mute muteによるグループ企画「Mycelioid Adjustment」(ギャラリーシースケープ、チェンマイ、2014)や「Run for No One/ART AIDS (Thailand 2012): You Are Not Alone(バンコク芸術文化センター、バンコク、2012)ほか、数多くのアートプロジェクトを手がけている。

国立奥多摩美術館 The National Museum Of Art, Okutama(Artists collective, Japan)
http://moao.jp/
2012年に開館した国立奥多摩美術館は、山奥にある旧製材所を改装した「国立」を自称する私営美術館。普段は作家たちのアトリエとして使用されており、2年に一度のペースでオープンする。館内は鉄骨や木造の構造が剥き出しで足元は不安定、空調も効かず、チケットは木製でもぎりにグライダーを使用。2014年に開催された「13日のプレミアムな漂流展」では、わずか13日間で1000人の観客が集まり、話題を呼んだ。ヨコハマトリエンナーレ2014に出品した和田昌宏や映像作家の山本篤なども関わっており、今回のプレゼンテーションでは、館長の佐塚真啓、キュレーターの蜷川千春、アーティストの永畑智大、小鷹拓郎らが登壇し、今年9月に開催予定の新企画についてプレゼンテーションをおこなう。

Jason Waite(Curator)
Jason Waite is an Independent curator focused on forms of practice toward forming agency across diverse fields such as art, society, politics and critical theory. He co-curated Don’t Follow the Wind (www.dontfollowthewind.info) inside the Fukushima radioactive zone, The Real Thing? Palais de Tokyo, Paris, and White Paper: The Law by Adelita Husni-Bey at Casco – Office for Art, Design and Theory, Utrecht (www.useofspaceconvention.org) where he was recently curator. He holds an M.A. in Art and Politics from Goldsmiths College, London and was a Helen Rubinstein Curatorial Fellow at the Whitney Museum Independent Study Program, New York.

“MOAI” is a series of events hosted by Haruka Iharada(Space tochka) that think , discuss and drink with a topics focused on art and contemporary culture.
2016, the era of being questioned a meaning of the art for the society. Around a Collectivism and Activism, how the arts go on the future of 100 years later, or what it should be.
On this time, Haruka IHARADA(tochka)and Takuro KOTAKA(Artist)are going to invite 3 speakers from Thailand, UK and Japan, thinkig about a “ART,100 years later” with own research topic and activities.
Language: English and Japanese.

Date: 27th, SUN, March 7:00pm-9:00pm
Venue: “tochka” : 12-3 Sekiya-cho, Senju, Adachi-ward, Tokyo
“tochka” is a multi-space opend from March 2016 that located at Senju, Adachi.
Website: “tochka” website will open soon.
Fee: 500 yen

Host: Haruka IHARADA(tochka)
Speakers :

Atikom Mukdaprakorn (Artist, Thailand)
http://atikomm.tumblr.com/
Born in 1981, Bangkok, Thailand. Co-founder of mute mute, which emphasizes mutual discussion about society in order to expand the boundary of perception through art, cultural performances and social activities in different forms. He is personally interested in media/art culture, especially domestic photography, freedom of expression and the state of art in Thailand. These form the basis for many of the conditions used in his media/art performances. Currently, he has been collaborating on the project “Chiang Mai Art Conversation” which originated in Chiang Mai. The purpose of the project is to facilitate a connection of art with discussion and Thai society to gain greater knowledge through all kinds of management and media.
He has been involved in many art projects including “Art Jockey” (Bangkok Art and Culture Centre, Bangkok, 2015), “Mycelioid Adjustment” (Gallery Seescape, Chiang Mai, 2014) and “Run for No One / ART AIDS (Thailand 2012): You Are Not Alone” (Bangkok Art and Culture Centre, Bangkok, 2012).

The National Museum Of Art, Okutama(Artists collective, Japan)
The National Museum Of Art, Okutama opened 2012, private art museum that introduced themselves “the national”. It made from a restored old lumber-mill at deep in the mountains. This place usually use for artist studio and open as a museum once every 2 years. Inside the building, the structure by stell frames and woods being bare, the floor is unstable, and the air‐conditioner doesn’t work. It needs a ticket made of wood and the ticket-collector is a grinder. “13 days of The Premium Drifting” that held on 2014 being attracted over 1000 visitors until just this 13days. Masahiro WADA and Atushi YAMAMOTO who attended Yokohama Triennale 2014 are also concerned with them. On this time, Masahiro SATSUKA as a chief director of museum, Chiharu NINAGAWA as a curator, Tomohiro NAGAHATA and Takuro KOTAKA as artists will be present a new plan that will be held in September on this year.

Jason Waite(Curator)
Jason Waite is an Independent curator focused on forms of practice toward forming agency across diverse fields such as art, society, politics and critical theory. He co-curated Don’t Follow the Wind (www.dontfollowthewind.info) inside the Fukushima radioactive zone, The Real Thing? Palais de Tokyo, Paris, and White Paper: The Law by Adelita Husni-Bey at Casco – Office for Art, Design and Theory, Utrecht (www.useofspaceconvention.org) where he was recently curator. He holds an M.A. in Art and Politics from Goldsmiths College, London and was a Helen Rubinstein Curatorial Fellow at the Whitney Museum Independent Study Program, New York.

Share with: